北陸三県 ありがとう プロジェクト Oyabe Local Mail

北陸三県 ありがとう プロジェクト。富山県小矢部市の地域情報の紹介。たくさんのありがとうを紹介。

Category :  Oyabe Local Mail
tag : 
小矢部の地元のお店、人にスポットを当てて、紹介するメールマガジン
Oyabe Local Mail 第176号
───────────────
創刊:2009/05/01
 
ECCジュニア石動教室のホームティーチャー、尾崎裕美さん。
幼児から高校生まで英語を教えている。
 
ありがとう集め ECCジュニア 石動教室
 
言語は、生まれて最初からわかる人は誰もいない。
1年間ぐらいお母さんや身近な人の言葉を聞き続ける。
聞き続けて、「ママ」って言ってみようかなってなる。
その順番をたどるのが自然。
 
英語も同じで、私たちが日本語を習得した順番が大切。
会話、とにかくたくさん聞いて、話すこと。
 
「私が伝えたいのは、英語を楽しんでもらって、好きになってもらいたい。」
「英語を知っていると、知識も友達も世界も広がる。」
「それを子どもたちに伝えたい。」
 
第176 ECCジュニア 石動教室
 
そのためには、小さな目標を作って、ひとつひとつクリアしていく。
先週できなかったことが、今週できたという小さな積み重ねが将来の喜びに変わる。
 
「これからの子どもたちに、私の経験を通して少しでもラクに英語や英会話を学んでいただき、それだけではなくそこから広がる世界を味わい、そしてこれからの世界を作っていってもらうこと。」
「そのはじめの一歩を少しでもお手伝いさせてもらえたら、と思っている。」
 
尾崎さんは、高校はアメリカ、大学はイギリスに留学。
そこでホストファミリーとのつながりや世界の広がり、歴史を見てすごく衝撃を受けた。
 
いろんな国で、いろんな人、いろんな生活、いろんな考え方があるんだと、自分の体験を通して知ることができる喜びや楽しみ。
それは、英語を通して直接コミュニケーションができることで生まれる。
 
第176 ECCジュニア 石動教室
 
十五、六年前にヒマラヤの小さな村に旅をした。
テレビも水道もない村。
「そこで、現地のおじいさんがラジオをすごい大事そうに抱えていたんです。」
 
そのときのおじいさんの表情、手の動き、肌の色…。
 
「そして、明らかに子どもたちの目が違うんです。輝いている。」
 
現地に行かない限り分からないことは多くある。
日本の価値観だけでは物事を計れない。
 
「でも、英語はあくまでもツール。ドラえもんの道具と一緒。」
「なくてもいいが、幅が広がるからあったほうがいい。」
「インターネットの中の言語は80%英語とも言われていますし、これからは確実に英語ができないと職業の選択肢も狭まりますよね。」
 
第176 ECCジュニア 石動教室
 
これから、私たちが生きていく環境がどんどん変化していく。
それは小矢部に住んでいても免れることはできない。
 
労働人口は減り続け、海外の労働力が増えていく可能性は高い。
 
「私の目の前にいるひとりひとり子ども達が、考えて行動できる存在になってほしい。」
「そのための力を身に付けないといけないと真剣に思っています。」
 
地球の未来のことなど、どうすることもできないけど、世界で活躍できる子どもを一人でも育てるために、100分の1の力にでもなればいい。
それが、例えば英単語のひとつでも役立つことができれば。

「私はこの教室が、居場所になればいいなとも考えているんです。」
 
中学生にもなると、いろんな悩みをもつ。
その時に、親ではない誰かが、君のことを愛している、そのままでいいんだよっていってあげる存在が必要だ。
 
第176 ECCジュニア 石動教室
 
「この教室が、生徒をまるごと受け止めることができる存在でありたい。」
 
だからこそ、先生が上、生徒が下という関係ではないスタンスを大切にしている。
 
「結局、子どものことが好きなのかな。」
 
「子どもたちに、いい人生を歩んでほしい。」
「生きている楽しみを教えてあげたい。」
「みんな同じじゃなくていいんです。それぞれのいいところを見つけて認めてあげたい。」
「自分は、これでいいんだって思ってほしいです。」
 
 
▼ECCジュニア 石動教室
〒932-0057 富山県小矢部市本町2‐8
電話 050-5272-2730
 
▼尾崎裕美
1977年11月17日生
最近、小矢部に住んでいても、自分から求めて行ったら、いい刺激がいっぱいあるということに気づいた。

 
_____________________________

▼Oyabe Local Mail
地域に埋もれた暗黙知を集め、クロスメディアを通じて発信。
http://oyabelocalmail.blog27.fc2.com/

▼LiTa Oyabe ELABO
未来に向けたシナリオを描くコミュニティスペース。プロボノやマイプロジェクトを推進する情報発信基地。
https://www.facebook.com/ELABO.LiTaOyabe

■ Oyabe Local Mail発行責任者
やましな しげる

■ 連絡先
北陸三県ありがとうプロジェクトを通じて、小矢部で伝説を作り、奇跡を起こす
〒932-0821 小矢部市鷲島37-2 ヤマシナ印刷株式会社
tel.0766-67-627 fax.0766-68-1789
info@yamasina-print.co.jp
http://www.yamasina-print.co.jp/
Category :  Oyabe Local Mail
tag : 
ありがとう集め ECCジュニア 石動教室

ありがとう


Category :  ありがとう集め 山王祭2019
tag : 
ありがとう集め 山王市

いろいろありがとう
Category :  ありがとう集め 山王祭2019
tag : 
ありがとう集め 山王市

ボクを
生んでくれて
ありがとう
Category :  ありがとう集め 山王祭2019
tag : 
ありがとう集め 山王市

アリガト
Category :  ありがとう集め 山王祭2019
tag : 
ありがとう集め 山王市

ありがとう
まちなか大航海きてね
Category :  ありがとう集め 山王祭2019
tag : 
ありがとう集め 山王市

ありがとう
Category :  ありがとう集め 山王祭2019
tag : 
ありがとう集め 山王市

家族に感謝
ありがとう
Category :  ありがとう集め 山王祭2019
tag : 
ありがとう集め 山王市

家族に感謝
ありがとう
Category :  ありがとう集め 山王祭2019
tag : 
ありがとう集め 山王市

山王祭2019
出会えたみんなにありがとう
Category :  Oyabe Local Mail
tag : 
小矢部の地元のお店、人にスポットを当てて、紹介するメールマガジン
Oyabe Local Mail 第175号
───────────────
創刊:2009/05/01
 
「僕のところは予防医学、予防をしていきましょうという所です。」
今回ご紹介するのは、小矢部市メルヘンランドにあるおざき治療院の尾崎哲哉さん。
 
ありがとう集め おざき治療院
 
「なぜこの治療院があるかというと、来て下さる方が自分で思っている以上に何でもできるんだということを知ってもらいたいからです。」
「今までなら病院に行くしかなかったのが、こういう所があるということを知ってもらいたい。」
 
子育て支援センターでは、産後の姿勢教室を行っている。
ゴールデンタイムといって、産後チェックすることで、元の自分より身体が健康になれる。
 
「病気を治すというか病気になりにくくする。」
「病気になる前にこうしたらいいですよ、ということを伝えている。」
 
第175号 おざき治療院
 
「ぼく自身も、いつも調子のいいままでいたい。」
「だからこそ、この治療院をしている。」
 
多くの方は、悩んでいるのに病院にいかない。
それが実際に病気として現れると、どうしようと困る。
そうなる前にどうするか。
 
「みんなに元気になってもらいたい。」
「人の健康をずって考えながらやっています。」
 
「だからこそ、生活の一部が仕事になっている。あとは子育てかな。」
 
自分のためであり、みんなのためであり、仕事と生活の境界はあまりない。
 
第175号 おざき治療院
 
おざき治療院は、保険適用外のサービスを提供しているので、誰もがすぐ来る場所ではない。
 
「最終的にここにきてその人が笑顔になって生活を送れるようになったときは、ものすごく感動します。」
 
「仕事を超えて、その人の人生観を聞きながら、その人がよくなったことを想像するだけで、治療院をやっててよかったと思う。」
 
治療は、カイロプラクティックと鍼灸の東洋医学を合わせた技術。
来て下さる方は、ほとんどが口コミだ。
 
「これから予防というものが、広がっていけばすごくいいなと思っている。」
 
「揉んでほしい、マッサージをしてくれるんでしょ、と勘違いされて来る方もある。」
「そういった方たちと距離間をつめていくのも仕事かなと思っている。」
 
第175号 おざき治療院
 
みんないろんな病院や治療院を転々とする。
そして、どこに行っても治らないと愚痴をこぼす。
 
結局その人自身が何を受けたいか分からない。
それを分かってもらった上で、その人がどんな風に治っていきたいかを自分で気づき始めると、どこが悪かったのかも分かるようになってくる。
今まで治らなかった理由はこれだったのかと。
 
「みんな気付かない人が多くて、ちょっとした変化で幸せになれる。」
「幸せになる一歩をお伝えできればと思っている。」
 
尾崎さんが思う「幸せ」とは、健康であること。
 
「健康であれば、脳で幸せを感じられる。」
「幸せって、人の感じようじゃないですか。」
 
「健康であればすごく輝いて見える。」
「それが分かれば世界平和になる。」
「日本の社会も、自分自身が健康で幸せだって考えることができれば、もうちょっとぎすぎすせずに生きていけるのでは。」
 
 
▼尾崎哲哉
みんな本当の健康にお金をかけないんです。
健康食品にお金をかけるのは、恐怖心を取ろうとしているだけで、健康になろうとしてるわけではない。
運動すれば健康になるのにお薬を買う。
本当の健康とは何かを伝えていきたい。
  
 
_____________________________

▼Oyabe Local Mail
地域に埋もれた暗黙知を集め、クロスメディアを通じて発信。
http://oyabelocalmail.blog27.fc2.com/

▼LiTa Oyabe ELABO
未来に向けたシナリオを描くコミュニティスペース。プロボノやマイプロジェクトを推進する情報発信基地。
https://www.facebook.com/ELABO.LiTaOyabe

■ Oyabe Local Mail発行責任者
やましな しげる

■ 連絡先
北陸三県ありがとうプロジェクトを通じて、小矢部で伝説を作り、奇跡を起こす
〒932-0821 小矢部市鷲島37-2 ヤマシナ印刷株式会社
tel.0766-67-627 fax.0766-68-1789
info@yamasina-print.co.jp
http://www.yamasina-print.co.jp/
ありがとう集め おざき治療院

であいに
ありがとう
ありがとう集め 14歳の挑戦

ヤマシナ印刷のみなさんに
ありがとう
ありがとう集め 14歳の挑戦

働く事を教えてくださった
みなさんに
ありがとう
Category :  Oyabe Local Mail
tag : 
大谷中学校14歳の挑戦
この記事は14歳の挑戦の一環として大谷中学校の生徒が取材をして記事を書きました。
 
 
小矢部の地元のお店、人にスポットを当てて、紹介するメールマガジン
Oyabe Local Mail 第174号
───────────────
創刊:2009/05/01
 
14歳の挑戦4日目。
僕達は、小矢部市の芹川にある釜井仏壇店に取材に行きました。
 
ありがとう集め 釜井仏壇店
 
ありがとう集め 釜井仏壇店

 
最初に仏壇を分解するところを見せてもらいました。
仏壇が分解できることに驚きました。
 
「仏壇には分解できる組み立て型とクギで固定しているものがあるんだよ。組み立て型の方が高いんだけどね(笑)」
 
第174号 釜井仏壇店
 
次は分解した仏壇を洗う作業に移りました。
まず、桶に熱いお湯と水酸化ナトリウムを混ぜたものを作り、そのお湯に分解した仏壇をかけました。
すると一瞬で汚れが落ちました。水酸化ナトリウムをかけた瞬間に汚れが落ちるのが気持ちよかったです。
水酸化ナトリウムが強すぎると仏壇の木を傷めるので調整が難しいです。
乾かす時は直射日光を長く当ててしまうと仏壇が傷んでしまいます。
そこが職人技で、天気も関わってくるのですが、時間をかけて仏壇を傷めることなく乾かすそうです。
仏壇を大切にすることに魂を込めているなと思いました。
 
第174号 釜井仏壇店
 
第174号 釜井仏壇店
 
 
作業が終わり、釜井さんにいくつか質問をしてみました。
 
Q どうして仏壇の仕事をしようと思ったのですか?
「釜井仏壇店っていうのは、家業で子供のころから物作りの経験があったので、後を継ごうと思いました。」
 
Q 僕(小橋)の大事にしている言葉は『有言実行』なのですが釜井さんの大事にしている言葉は何かありますか?
「『一期一会』ですね、僕は仕事とかそれ以外でも人と出会う事が好きで、出会わなかったら、すれ違っても挨拶や会話が生まれないでしょ。」
「だから人と関係を持つことが好きですね。」
 
Q 僕達は部活動で挨拶とチームワークを心掛けているのですが、仏壇の仕事で心掛けていることはありますか?
「仏壇って何十年も大事にされてきたものだから、きれいにはするんだけど、何かを足したりして元の雰囲気を壊さないように洗っています。」 
 
Q 仏壇店での仕事での生きがいは何ですか?
「仏壇を綺麗に修復して、お客さんに喜んでもらえた時です。」
 
Q 今まで仕事をした中で一番感動したエピソードは何ですか?
「三年前にテレビで富山刑務所の受刑者のインタビューを見ていたら、インタビューよりも後ろに映っていたボロボロの仏壇が気になって、刑務所まで『修理させてもらえませんか?』って訪ねたんだよ。」
「最初は何か悪いことをしようとしているんじゃないかって疑われたけど、どうしてそう思ったのかとか感想文を書いたりしたら、やっと許可が下りて修理することができたんだ。」
「そうすると、受刑者の人からすごく感謝されて、受刑者の中の模範生と話をすることになったんだ。」
「そこで、受刑者に人生も仏壇と一緒で時間をかけて丁寧に自分と向き合えば、また元通りになるよと伝えられたときが一番感動したね。」
 
第174号 釜井仏壇店
 
Q 釜井さんは稼いだお金を何に使いますか?
「その時その時で変わって、若いときは自分、結婚してからは家族、今は、地域のために使っているよ」
 
Q 僕(小橋)はユーチューバーになりたいのですが、そのためにしておいたほうが良いことは何ですか?
「今のうちに、たくさんの体験をして面白いことを探すといいと思うよ。」
「でもそれが絶対に叶うわけじゃないから自分のできそうな仕事も考えておいたほうがいいよ。」
 
第174号 釜井仏壇店
 
夢は絶対叶うわけではないので多くの仕事に触れ、考えておくことも大切だと学びました。
仕事をする上で人との出会いを大切にすることが大事になってくると気づきました。
 
今回で仕事での大切なことが明確になり、とても参考になりました。
ありがとうございました。
 
 
_____________________________

▼Oyabe Local Mail
地域に埋もれた暗黙知を集め、クロスメディアを通じて発信。
http://oyabelocalmail.blog27.fc2.com/

▼LiTa Oyabe ELABO
未来に向けたシナリオを描くコミュニティスペース。プロボノやマイプロジェクトを推進する情報発信基地。
https://www.facebook.com/ELABO.LiTaOyabe

■ Oyabe Local Mail発行責任者
やましな しげる

■ 連絡先
北陸三県ありがとうプロジェクトを通じて、小矢部で伝説を作り、奇跡を起こす
〒932-0821 小矢部市鷲島37-2 ヤマシナ印刷株式会社
tel.0766-67-627 fax.0766-68-1789
info@yamasina-print.co.jp
http://www.yamasina-print.co.jp/
【PR】 苔を扱う販売サイト ハッピーモス