北陸三県 ありがとう プロジェクト Oyabe Local Mail

北陸三県 ありがとう プロジェクト。富山県小矢部市の地域情報の紹介。たくさんのありがとうを紹介。

Category :  ありがとう集め 福光駅
tag : 
ありがとう集め 福光駅

立山に
ありがとう
Category :  ありがとう集め 福光駅
tag : 
ありがとう集め 福光駅

ありがとう
美味しいケーキ
コーヒー
いただきました
Category :  ありがとう集め 福光駅
tag : 
ありがとう集め 福光駅

お母ちゃん
ありがとう
長いきしようね
Category :  ありがとう集め 福光駅
tag : 
ありがとう集め 福光駅

みんなに
ありがとう
Category :  ありがとう集め 福光駅
tag : 
ありがとう集め 福光駅

みんなに
ありがとう
幸せいっぱいもらって
ありがとう集め 婦中ふれあい館

仲間に
ありがとう

友人に
ありがとう
ありがとう集め 婦中ふれあい館

友達に
ありがとう
 
いろんなひとに
ありがとう
ありがとう集め 婦中ふれあい館

家族に
仲間に
ありがとう
ありがとう集め 婦中ふれあい館

健康な体に
ありがとう
Category :  FukumitsuLKB
tag : 
※大谷中学校14歳の挑戦
この記事は14歳の挑戦の一環として大谷中学校の生徒が取材をして記事を書きました。
  
福光の地元のお店、人にスポットを当てて、紹介するメールマガジン
Fukumitsu Local Mail 第2号
───────────────
創刊:2015/09/01
 
かじわ屋
 
最初に、かじわ屋の事についていろいろ教えて下さった。
まず、どこが大変かを教えて下さった。
 
 かじわ屋 中村和靖
 
「いろいろな年代の方が商品を買いに来るので、若い方はこの商品、年配の方はこの商品、というのをよく考えながら商品を売るのは経験が必要になってくるから難しい。」
「それに、和菓子を作るときには、どの材料も『グラム』の世界になってくる。」
 
少しでも量を間違えただけで、自分の思っていた和菓子ではなくなってしまうという事も言っておられた。
 
第2号 かじわ屋
 
第2号 かじわ屋
 
和菓子を作っている所を見学させていただいた。
和菓子を作るときの機械や大きなオーブン、沢山の種類の砂糖などがあった。
 
どの機械も初めて見るものばかりで、とてもわくわくした。
見学が終わった後にバームクーヘンの試食をした。
福光のさといもを使って作ったバームクーヘンを下さった。
 
第2号 かじわ屋
 
中村さんは、地元福光の素材を使って全国に広めたいと言っておられた。
バームクーヘンの試食を通した事で中村さんの思いが伝わってきた。
 
途中で中村さんは、昔からずっと続いている和菓子は何もないと教えて下さった。
伝統としては一つは残っていると思っていたので、その事に対してとてもびっくりした。
 
第2号 かじわ屋
 
今まで仕事をしてきた中で一番感動したストーリーは何ですか?
 
「従業員さんのやる気がだんだん出てきた事に感動した。他にもお客様に『美味しい』と言ってもらえた事に感動した。」
そう笑顔で答えてくださった。
 
ちなみに、その『美味しい』と言ってもらえた和菓子は今も売られているのですかと質問してみた。
すると、「今も売っています」と答えてくださった。
 
何のためにその仕事を始めましたか?
 
「家族が和菓子屋さんをやっていて、親に「継いでほしい」と言われていた。けれど、私自身は継ぐ気がなく、大学で先生の
言われた言葉がきっかけで継ぐ事を決意した。」
 
第2号 かじわ屋
 
和菓子屋さんを継ぐために仕事を始めたことで、一番大きな壁は何ですか?
 
「自分の実力や考えが足りない」
 
中学生のうちにしておいたらいい事は何ですか?
 
「スポーツをしておいたらいいと思います。」
 
稼いだお金を何のために使いますか?
 
「大学の子供に沢山使う。」
「子供が巣立った後は、金沢にある和菓子さんが半分くらい潰れてきてるから、お店を買って続けてあげたい。」
 
あなたにとって仕事とは何ですか?
 
「自ら壁にぶつかって壊していく事。」
 
第2号 かじわ屋
 
子供にかじわ屋を継がせたいですか?
 
「無理に継がなくてもいい。代わりに、かじわ屋ではなく他の職種でもいいから地元の素材を広めてほしい。」
 
商品のアイディアを思いつくのはいつ頃ですか?
 
「壁にぶつかって危機を乗り越えた後アイディアが思いつく。」
 
パソコンが得意なのでゲームクリエイターになりたいのですが、何かアドバイスはありませんか?
 
「自分ではなく他の人の事をよく考え、想像力を付ければいいと思います。」
 
将来、ゲームクリエイターの職に就きたいと思っています。
なので、和菓子を作っている中村さんのお話は、同じもの作りとして、とても参考になりました。
本当にありがとうございました。
 
第2号 かじわ屋
 
 
▼有限会社 かじわ屋
〒939-1643富山県南砺市福光6780-1
電話 0763-52-0066
Fax 0763-52-0801
http://kajiwaya.com/

___________________________

▼ふくみつローカルかわら版
地域に埋もれた暗黙知を集め、クロスメディアを通じて発信。
https://www.facebook.com/fukumitsuLKB

▼LiTa Oyabe ELABO
未来に向けたシナリオを描くコミュニティスペース。プロボノやマイプロジェクトを推進する情報発信基地。
https://www.facebook.com/ELABO.LiTaOyabe

■ 連絡先
北陸三県ありがとうプロジェクトを通じて、小矢部で伝説を作り、奇跡を起こす
〒932-0821 小矢部市鷲島37-2 ヤマシナ印刷株式会社
tel.0766-67-627 fax.0766-68-1789
info@yamasina-print.co.jp
http://www.yamasina-print.co.jp/
Category :  ありがとう集め FukumitsuLKB
tag : 
ありがとう集め ameagua 長谷川 由香里 さま

ameagua
長谷川 由香里 さま
 
愛している家族
3つの福ある町に
ありがとう


ameagua
 
幼いときの母との思い出の1つに、母の主宰する生花教室に一緒に行き、切れ端の茎を机の間に挟んで遊んだ記憶があります。
早くに母と離れてしまい、花のことを忘れてしまっていました。
20歳の時、フリーターをしていた私は、1年後に結婚が決まった友達との会話で
「私のウェディングブーケ、ゆかりちゃんが造ってよ。」
と、言われました。
花は好きでも、母が生花の師範をしていただけ。
そして、どうやって造れば良いのかわからない。という状態です。
そんな状態でも
「それいいね」
翌日にお花を習い始めました。
1年後、無事に結婚式のブーケをプレゼントしました。
それから、ブーケを造り続けました。
製作することが楽しくて仕方がないのです。
そして、もっと多くの人へお花を届けたい!!
と思い、模索していたのです。

お客様と話していて、
「花を飾りたいけど、毎日生花ではお世話も大変だし、結構お金かかって困るのよ」という会話がありました。
定期的な交換ができるレンタルフラワーやイベント時のみのレンタルが良いのではないのかな?
と、アーティフィシャルフラワーを使ったレンタルフラワーを行っています。

レンタルフラワーだけではなく、ウェディングブーケ、ギフトフラワー、アレンジメント教室とお花を必要としているお客様にいろいろな角度から提案をさせていただきます。

母との思い出が今の私の原点であり、ameaguaの原点です。

ameaguaは、造語で「雨水」を意味しています。
水は、生命が生きていきために大切なものです。雨水は、乾いた大地に降り注ぎ、生命の源になります。
ameaguaは、皆様の必要なお花を提案し、お花を身近なものとして「癒し」を提案していきます。

http://ameagua.jp/
Category :  ありがとう集め FukumitsuLKB
tag : 
 かじわ屋 中村和靖

かじわ屋
中村 和靖 さま
 
なんとかなってます。
ありがとう

有限会社 かじわ屋
〒939-1643富山県南砺市福光6780-1
電話 0763-52-0066
Fax 0763-52-0801
http://kajiwaya.com/
ありがとう集め 婦中ふれあい館

職場のみなさんに
ありがとう
ありがとう集め 婦中ふれあい館

自然に
ありがとう
ありがとう集め 婦中ふれあい館

家族に
平和に
地球に
ありがとう
【PR】 苔を扱う販売サイト ハッピーモス