北陸三県 ありがとう プロジェクト Oyabe Local Mail

北陸三県 ありがとう プロジェクト。富山県小矢部市の地域情報の紹介。たくさんのありがとうを紹介。

Category :  Oyabe Local Mail
tag : 
Oyabe Local Mail 第7号
───────────────
創刊:2009/05/01

小矢部を中心とした地元の特産品やお店を紹介していく「Oyabe Local Shop」と連動して、
地元のお店、人にスポットを当てて、紹介するメールマガジンです。

マリオのパン屋
取材に訪れた日。
大豆、豆乳、おからが入った新しいパンを作る所だった。

「パンは、一日一日違う。」
「出来上がるまで、パンと会話をしながら作る。」
「同じ作り方はない。」
「今は何でもボタンを押せばできてしまう。」
「テレビ、冷房、炊飯器...。ボタンを押すだけ。」
マリオのパン屋

さらに話を続く。
「自然と繋がった生活をしようよ。」
「生きているパンは、時間と手間がかかる。出来上がるまで場所を離れられない。」
マリオのパン屋

ご主人のMarioさんが、オーブンに入ったパンをじっと眺めながら、微妙な温度調整を行う。
天然酵母の生きているパンが出来るまでには大体15時間。
パンを焼く傍らで、玄米を圧力釜で炊く。

「おいしい玄米を炊くポイントは、途中で釜につめたい水をかける。」
「お米をびっくりさせる。」
「玄米を炊くのもパンと一緒。会話をする。」
マリオのパン屋

ご主人のマリオさんは、日系ブラジル人。23歳からブラジルでパンを作り始める。

「Marioのパンは、癌や病気で弱った方がたべることのできるパン。」
「このパンを食べていると、元気になるよ。」
マリオのパン屋

マイクロバスで家族でどこへでも出かける。
「バスの中で寝て、パンも売る。」
「仕事しながら、遊んでいる。」
「遊びながら、仕事している。」
「必ず、家族で行動する。とても大事。」

パンを作る時のポイントも教えてくれた。
「パンを作る時、どんな気持ちで作るか。これがとても大事。」
「このパンを食べてくれる人のこと。身体のこと。」
「自分の身体のことも。」
「パンは生きている。気持ちが大事。」

パンが焼き上がり、ビールで一息。
ギターの弾き語りで、ボサノバを1曲披露してくれた。
マリオのパン屋

そして
「日本をもっと元気に!」
「みんなが仲良く暮らせるシステムになればいい。」と話は広がる。

★店舗情報★

人間は食べ物でできているから・・。
食べ物で身体が変わる。気持ちも変わる。
体にやさしいもの...
体にいいもの...
体が元気になる...
誰もが安心していただけるものを作りたい...。
マリオのパン屋

〈メニュー〉
・天然酵母全粒粉パン(くるみ・なつめ・ゴマ・フルーツ)
・天然酵母全粒粉玄米パン
・天然酵母全粒粉とうふパン
・天然酵母全粒粉ピタパン
・天然酵母全粒粉ピザ
・無農薬有機玄米販売
・その時期のパン、他

■富山県小矢部市中央町1-29
■TEL/FAX 0766-67-5770
※毎日焼きたてのパンをご用意しているとは限りません。ご来店前にお電話でご確認下さい。
※全国発送します。ご予約下さい。
マリオのパン屋

関連記事

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://oyabelocalmail.blog27.fc2.com/tb.php/16-cf1da8f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
【PR】 苔を扱う販売サイト ハッピーモス