北陸三県 ありがとう プロジェクト Oyabe Local Mail

北陸三県 ありがとう プロジェクト。富山県小矢部市の地域情報の紹介。たくさんのありがとうを紹介。

Category :  Oyabe Local Mail
tag : 
小矢部の地元のお店、人にスポットを当てて、紹介するメールマガジン
Oyabe Local Mail 第135号
───────────────
創刊:2009/05/01

釜井仏壇店二代目。
釜井裕さん。

ありがとう集め 釜井仏壇店 釜井 裕 さま

昭和36年、父親が金箔の製造を始め、昭和56年ぐらいから仏壇も手掛けるようになる。
釜井さんは、二年間他の会社で働いた後、家を継いだ。
まず、仏壇に必要な漆塗りを学ぶため富山県デザイン工芸センター漆芸研究科に入学。

それなのに、漆を教えてくれる先生が「お前に教えることはない」
と何も教えてくれない。
うまくできなくても「それでいい」と言う。

とても不思議だった。
その理由を学校の事務員の方から教えられた。

「先生はお子さんを亡くされており、もし生きていればちょうど釜井さんの年齢」
「仕事が忙しく、子どもと遊ぶ時間が作れなかった」
「釜井さんと亡くなった自分の子がダブって見えるんじゃないかな」
「あまり漆の世界にのめり込み過ぎると危険もある」
「それを見ていたんだと思う」

第135号 釜井仏壇店

それを聞いてハッとする。

「ぼくが今仕事を続けている根っこは、親が長く続けてきた仕事ということもあるが、他人の子供にそんな想いで接してくれた先生の意志を受け継ぎ、未来につなげたい」
「途中で逃げ出したらいけないと思っているから」

先生が卒業式の訓示で、
「自分のことを早く忘れること、じゃないと追い越せないから」
と言われたことが忘れられない。

第135号 釜井仏壇店

全国と比較してもこの土地はお寺が多い。
将来ガラス製の仏壇になるかもしれないし、どう変化するか分らないが、なくなることはないはず。

「方言で言うなら、『すんだって行きたい』と思っている。」

年齢を重ね、親を思う心、お先祖を大切にする心、仏壇にこだわらず、そんな心を伝えていきたい。

きれいな仏壇を買ったからといって、一番根っこの心がなかったらダメなんじゃないか。
大事にしていくものがはっきりとない限り、仏壇にた辿り着かない。
心があるかどうか。

第135号 釜井仏壇店

小矢部の市民講座で漆の講義することになった。

「生徒さんが、習った技術を利用して、小矢部の曳山の修繕を手掛けることができないかなって思っている」
「昔から大事にされているものはこんな作りなんだ、伝統技術って大変なものなんだって知ってもらいたい」

第135号 釜井仏壇店

アーティストになってほしいのではなく、一人でも二人でも漆が通して無心になって取り組めるものを見つけてほしい。
仕事の喜びは、自分が習得した技術で、おじいちゃんおばあちゃんが喜んでくれること。
喜びの顔が見たい。

「よかった。これで長生き出来るわ」
「毎日拝む楽しみができたわ」
って言ってもらえることが仕事の励み。

第135号 釜井仏壇店

仏壇に対する価値を重んじるのは親の影響が大きい。

30代の方がこんなことを語ってくれた。
「じいちゃんも親父も大事にしてきたもんだから、自分もそうかなって思って」
「子供にも、教えることではなく、自然と受け継がれるのかなと」

仏壇を大切にする心。
言葉ではなく何気ない受け継がれ方がある。

第135号 釜井仏壇店

人間は、風土から生まれると言われる。
富山県の風土で育まれた心。

「大事にしてきたものを粗末にしたらバチがあたる」という感覚。

毎日伝統工芸の仕事をしていると、現代美術のことをやりたくなる。
次のステップに行きたくなる。

「人間って手を動かして得たものを、また次に活かして、工夫するという生き物なのかな」

▼釜井仏壇店
〒932-0033小矢部市芹川4026
0766-67-3175

▼釜井 裕
趣味は走ること。
大谷小学校のスポ少でサッカーを長年教えていた。
子どもたちに負けない体力をつけるために始めました。
_____________________________

▼Oyabe Local Mail
地域に埋もれた暗黙知を集め、クロスメディアを通じて発信。
http://oyabelocalmail.blog27.fc2.com/

▼LiTa Oyabe ELABO
未来に向けたシナリオを描くコミュニティスペース。プロボノやマイプロジェクトを推進する情報発信基地。
https://www.facebook.com/ELABO.LiTaOyabe

■ Oyabe Local Mail発行責任者
やましな しげる

■ 連絡先
北陸三県ありがとうプロジェクトを通じて、小矢部で伝説を作り、奇跡を起こす
〒932-0821 小矢部市鷲島37-2 ヤマシナ印刷株式会社
tel.0766-67-627 fax.0766-68-1789
info@yamasina-print.co.jp
http://www.yamasina-print.co.jp/
関連記事

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://oyabelocalmail.blog27.fc2.com/tb.php/5773-b64c0ef0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
【PR】 苔を扱う販売サイト ハッピーモス