北陸三県 ありがとう プロジェクト Oyabe Local Mail

北陸三県 ありがとう プロジェクト。富山県小矢部市の地域情報の紹介。たくさんのありがとうを紹介。

Category :  Oyabe Local Mail
tag : 
小矢部の地元のお店、人にスポットを当てて、紹介するメールマガジン
Oyabe Local Mail 第136号
───────────────
創刊:2009/05/01

いつどうなるか分らないからこそ

本業はもちろん、想いをカタチにしたい方々の後方支援活動も行う池原さん。

ありがとう集め 池原 篤示

高岡商業高校卒業後、富山で就職。
経理担当から総務、賃金制度の見直し、HP作成管理も行うようになる。
動画を利用したマニュアルを作成し、海外と日本の生産技術のギャップを埋める作業も行う。

その後、転職で東京へ。日本のトップ企業の営業戦略などを学ぶ。
「パッと言われて、パッと返さないと次はないという環境でした」

さらに転職することになり、会社を辞めると言った2日後、
スノーボードで飛んで、頭を強打。

「飛んだことすら覚えていない」

入院中、一日前のことをすぐに忘れる状態。
お見舞いにきてくれた人のことも覚えていない。
携帯電話の存在すら忘れていた。

耳も聞こえなくなったが、無事手術で聞こえるようになる。
「音が再び聞こえた時、風を切る音に感動しました」

そして事故前に決まっていた転職先で働きはじめるも…。

「なんでこの仕事をしたかったのか記憶がなく、うつ病のような感じになり、体を癒すことを選択」
「石黒産業からのお誘いがあり、5年前に富山に戻りました」

「今は、会社の立直し業務に携わっています」
「事業同士でシナジー効果をだすため、全体の設計図をまとめる必要があると思っています」

石黒産業の一番の強みは120年を越える長い歴史。

ありがとう集め 池原 篤示

「人も会社も成長することをトータル的にみていきたい」
「自分の土台は会計。最終的に数字として把握していきたい」

4月から営業企画課という新しい課で働いている。
ファシリテーター役、社長とのパイプ役…。

それでも、いろんなギャップを感じながら生きている。
事故で記憶がなくなり、自分は何がしたかったのか分らなくなったことが、大きな原因。

怪我をした自分に声をかけてくれた石黒産業のお手伝いができるのは有難い。
でも人間ってどんどん、自己欲求が生まれる。

「東京と富山の仕事のスピード感の違い、ハードさも違うが、だからこそ東京だとメリハリはあった」
「人と仲好くなるのは得意なんだけど、どこかで周りと浮いている感覚がある」

話すことが好き。
いろんなことに好奇心がある。
自分で体験することが一番勉強になる。
人を見ているだけでもいろいろ発見できるので、散歩も好き。

記憶がなくなった瞬間、何で、何でって自分で自分を苦しめるようになった。

「自分が、いつ死ぬか分らないという感覚が残っている」
「だからこそ、いつどうなってもいいように、いろいろ書き残したり…」

生き残ったのも奇跡的で、何のご縁か富山に戻ってきた現実。

この次はあるのか。
自分は何がしたいのか。
自分はどうしたいのか。
何をやるのが満足できるのか。
そのストレスだけが溜まっていく。

事故の意味とは?


両親は喫茶店を経営していて、子どもの頃はおばあちゃんに育てられた。
3人兄弟の真ん中。

事故のあと、おばあちゃんのところで静養していた。
自分の帰りを待っていたかのように、その後亡くなった。

「人間って、ぼけーってしていても生きているし、何かやらなきゃって思ってしまうのも首をしめているのかな」

「将来は喫茶店やバーみたいなお店で、人と話ができたらな」

自分と知り合った人に自分の経験を伝えて行動してもらい、「よかった」って表情が変わることがうれしい。
そこには何の見返りも感じない。


▼石黒産業株式会社
〒932-0057富山県小矢部市本町3-16
TEL. 0766-67-1496
http://www.ishikurosangyo.co.jp/

▼池原 篤示
1975年8月30日生
中学校の頃、将来になりたいものは普通の会社員って書いていた。
普通の生活、普通の会社員、普通の恋愛がしたい。

_____________________________

▼Oyabe Local Mail
地域に埋もれた暗黙知を集め、クロスメディアを通じて発信。
http://oyabelocalmail.blog27.fc2.com/

▼LiTa Oyabe ELABO
未来に向けたシナリオを描くコミュニティスペース。プロボノやマイプロジェクトを推進する情報発信基地。
https://www.facebook.com/ELABO.LiTaOyabe

■ Oyabe Local Mail発行責任者
やましな しげる

■ 連絡先
北陸三県ありがとうプロジェクトを通じて、小矢部で伝説を作り、奇跡を起こす
〒932-0821 小矢部市鷲島37-2 ヤマシナ印刷株式会社
tel.0766-67-627 fax.0766-68-1789
info@yamasina-print.co.jp
http://www.yamasina-print.co.jp/
関連記事

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://oyabelocalmail.blog27.fc2.com/tb.php/6078-048b5617
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
【PR】 苔を扱う販売サイト ハッピーモス