北陸三県 ありがとう プロジェクト Oyabe Local Mail

北陸三県 ありがとう プロジェクト。富山県小矢部市の地域情報の紹介。たくさんのありがとうを紹介。

Category :  Oyabe Local Mail
tag : 
小矢部の地元のお店、人にスポットを当てて、紹介するメールマガジン
Oyabe Local Mail 第145号
───────────────
創刊:2009/05/01

「私は元々看護士をしていました」

そう語るのは、小矢部・南砺・砺波・高岡で介護事業を展開する株式会社ハートフルの長澤さん。
現在、57歳。

ありがとう集め 株式会社ハートフル 長澤 信治 さま

「生まれたときに心臓に疾患がありました」
未熟児で、全身真っ黒。
おぎゃーって泣き声もなかった。
このままだと40歳まで生きられるかどうか。

南砺市の百姓の家で生まれ、手術するといってもお金が必要…。
それが補助金制度ができ、同じタイミングで小矢部に有名な先生が来られ、いろんな偶然が重なり、10歳で心臓の手術を受けることができた。

第145号 株式会社ハートフル

「昔は近所の付き合いが深く、父親が息子を助けてほしいと呼びかけ、近所の方がマイクロバスで病院に行って手術のための献血をしてくれたんです」

医療で助けてもらった命、将来医療で恩返しをしたい。

「小学校の卒業文集に『お医者さんになって人を助けたい』と書きました」
「子どものころの志です」

しかし入院等で1年間学校通えず、医者になるための学校にも行けず、三協アルミで働くことに。
10年ぐらい務めたある日、車購入の手続きをしていると、横にあった書類の職業欄に「看護士」と書いてあるのを見つけた。

当時は、看護士って何か全く知らなかった。
初めてこんな仕事があることを知る。

「こんな道があるのか」

今まで医者になるしか道はないと思っていた。

「よし、この道に進もう」

直接病院へ「どうしたら看護士になれますか?」と訪ねていった。
とにかく、恥も外聞もなく動いた。
動くしかなかった。

会社を辞め、看護学校に通い、看護士となり、働きはじめる。

第145号 株式会社ハートフル

2000年に、介護保険制度が始まり、ケアマネージャーの資格を取得。
在宅介護の必要性を実感し、次はケアマネージャーの世界に飛び込む。
そして独立を決意。
僅かな投資で、自宅2Fスペースで開業。
利用者が少しずつ増えていった。

その後結婚し、介護タクシーを始める。

利用者にはすごく喜ばれた。
通院、銀行、市役所に…。
朝は時間が重なり、帰りはみんなバラバラ。
そうなると予定が組めない。
思うようにうまくいかない。

第145号 株式会社ハートフル

そんなとき「自分で施設やったらいいんじゃないの」って利用者から声があがった。
それがきかっけで小矢部で介護施設をスタートさせる。
それから地元の南砺、そして高岡へ広げた。

「新しい道に踏み込むとき、できる範囲から始めました」
「自宅の一室から始め、信用ができ、自信ができ、次のステージへ」
「できるところから始める」
「身の丈に応じたことから」

今の課題は、職員の人材不足。
小矢部に二人、南砺に二人、障がい者の雇用もすすめている。

「手術してからも健康に気をつけています」
「うちの施設では、通常の倍のコストをかけて、極力無農薬の野菜を利用しています」

「私の区切りは60かな」
「第二の人生として自分の時間を作りたいな」
「家内と一緒に旅行など余暇を楽しみたい」

第145号 株式会社ハートフル

子供のころも、医療に関わってからも、介護の仕事でも、生と死に向き合っている。
毎日考える。

「私は普通の人より長生きできるとは思っていない」
「自分の人生を決めざるをえない」
「あと10何年で何をすべきか」

「まずは自分の時間を作り、やりたいことをやっていきたい」
「これまで突っ走ってきたので、ゆっくりした生活にしたい」

▼長澤 信治
昭和33年10月13日生
もしも、これから何かするのなら、施設と同じ健康にいい食材を利用したカフェ。
施設の横に作り、リーズナブルで食べにいけるところ。
こんな食材もあるんだって思ってもらえる場所。
そこに自分も通いたい。

▼株式会社ハートフル
〒932-0836 富山県小矢部市埴生2839-9
0766-67-5158
http://www.caretown-group.com/

※看護師に名称統一(2002年3月~)される前は、女性は看護婦・男性は看護士でした。

_____________________________

▼Oyabe Local Mail
地域に埋もれた暗黙知を集め、クロスメディアを通じて発信。
http://oyabelocalmail.blog27.fc2.com/

▼LiTa Oyabe ELABO
未来に向けたシナリオを描くコミュニティスペース。プロボノやマイプロジェクトを推進する情報発信基地。
https://www.facebook.com/ELABO.LiTaOyabe

■ Oyabe Local Mail発行責任者
やましな しげる

■ 連絡先
北陸三県ありがとうプロジェクトを通じて、小矢部で伝説を作り、奇跡を起こす
〒932-0821 小矢部市鷲島37-2 ヤマシナ印刷株式会社
tel.0766-67-627 fax.0766-68-1789
info@yamasina-print.co.jp
http://www.yamasina-print.co.jp/
関連記事

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://oyabelocalmail.blog27.fc2.com/tb.php/6402-6246a3bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
【PR】 苔を扱う販売サイト ハッピーモス