北陸三県 ありがとう プロジェクト Oyabe Local Mail

北陸三県 ありがとう プロジェクト。富山県小矢部市の地域情報の紹介。たくさんのありがとうを紹介。

Category :  TonamiLKB
tag : 
砺波の地元のお店、人にスポットを当てて、紹介するメールマガジン
Tonami Local Mail 第4号
───────────────
創刊:2016/04/30

道の駅庄川に入ってまず目に入るのは、大きな黒板に書かれた可愛らしい観光案内図。
それを一から手作りしたのは、中筋湖呼さんだ。

ありがとう集め 中筋 湖呼 さま

「こんなところに道の駅あったんだ、ここの野菜好きなんやよって言ってくれる人が増えたと思います。」

「仕事をしていて、もう何年も来てない人、近所だけど来たことのない人もたくさんいることに気づいて道の駅庄川に来て欲しくて。」
「だから、黒板や棚を作って雰囲気を変えてきました。」
 
店内を見渡して見ると、黒板や棚だけではなく、可愛らしいPOPもたくさん。
これも中筋さんが書いたものだ。

第4号 道の駅庄川 中筋湖呼さま

「ただただ作るのが好きで。」
「最初は、野菜を販売する時にイラストを添えたんです。」
「すると見てくれるお客さんがいるって気づいて。」
「嬉しくなってやり始めました。」
 
「この職場は決まりも少なく、自分で考えて動かないと仕事がないくらいです。」
「自分に出来ることを探してやる。」
「でも、自由にさせてもらっているから頑張れます。」
「お客さんのために!野菜生産者さんのために!って考えているとあれもこれもってアイディアが浮かんでくるんです。」
 
中筋さんが書いたPOPには、入荷した野菜の細かい説明が書いてある。
その内容は全て自分で調べたものだ。
 
第4号 道の駅庄川 中筋湖呼さま

「情報は生産者さんから聞いてます。」
「レシピは家庭の味を知りたくて、料理の仕方を聞いてメモします。」
「それを可愛くPOPにします。」
 
「それを見たお客さんが野菜を買ってくれる。」
「そんな風に生産者さんとお客さんをつなぐことが仕事だと思ってます。」
「実はお客さんとの会話からこっそり盗み聞きしたりしてヒントをもらってたりもします。」
 
田舎にある道の駅庄川は、ご年配の方が多く訪れるそうだ。
 
「おじいちゃんおばあちゃんはいっぱい喋ってくれるんです。」
「なので、私もうんうんって聞いています。」
「すると、あんたはよく聞いてくれるねと言われたり、あんたがおるからここに来るんやよって言ってもらえると嬉しいです。」

第4号 道の駅庄川 中筋湖呼さま

「庄川の人たちはみんな熱くて元気で、ここに来た時も、みんなウェルカム感が半端なくて庄川が大好きになりました。」
 
大好きな庄川をたくさんの人に知ってもらいたい、そんな思いで働いている中筋さんは、地元の人との交流だけでなく、県外から来たお客さんも大切にしている。
 
「県外から来た人にも印象を持って帰って欲しいので、富山弁でいっぱい話しかけています。」
「富山県っていいねって思ってもらえるように。」
 
とびきりの笑顔で話してくれる中筋さんは、2015プリンセスチューリップとしても活動をしていた。
 
「元店長が推薦してくれて。」
「最初はこっぱずかしかったけど、周りの人からこんな経験したくても出来ない人もいるんやよって言われて、考え方が変わりました。」
「とってもいい経験が出来ました。」
「私がここで働いてるよって言うと会いに来てくれる人もいて、やってよかったって思います。」
 
中筋さんの素敵な笑顔はプリンセスチューリップとしての経験も活かさせているようだ。
道の駅庄川は、これからもどんどん変わっていく。
是非一度訪れて、彼女の力作のPOPや棚、黒板を見て欲しい。
きっと満面の笑みで迎え入れてくれるだろう。
 
 
▼中筋湖呼
1993年8月19日生まれ
砺波市出身
庄川のお菓子ゆずまる食べられ~!
おいしいよ~!
 
▼道の駅 庄川
〒932-0315
砺波市庄川町示野437
営業時間 9:00-18:00

_____________________________

▼となみローカルかわら版
地域に埋もれた暗黙知を集め、クロスメディアを通じて発信。
https://www.facebook.com/tonamiLKB/
関連記事

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://oyabelocalmail.blog27.fc2.com/tb.php/6627-10d38b31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
【PR】 苔を扱う販売サイト ハッピーモス