北陸三県 ありがとう プロジェクト Oyabe Local Mail

北陸三県 ありがとう プロジェクト。富山県小矢部市の地域情報の紹介。たくさんのありがとうを紹介。

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  Oyabe Local Mail
tag : 
小矢部の地元のお店、人にスポットを当てて、紹介するメールマガジン
Oyabe Local Mail 第163号
───────────────
創刊:2009/05/01
 
「小矢部には4年前に移住してきました。旦那の実家で同居しています。」
 
今回ご紹介する住吉美樹さん。
フリーランスのエディター兼ライターとして働く2児の母。
 
ありがとう集め 住吉 さま
 
以前は、東京で編集者として働いていた。
結婚し、上の子が生まれたことで、会社を辞めて専業主婦になる。
 
「仕事と子育ての両立ができないと思ってたので辞めました。」
 
結婚して1年間は夫の職場のある埼玉に住んでいたが、子どもができたことで、旦那の実家のある小矢部に移住。
 
「富山って日本海側だよねってぐらいの知識でした。」
「家もあるし、脱サラした旦那を応援したい気持ちもある。」
「コスト面でも田舎ならなんとかなると思って。」
 
第163号 住吉美樹
 
「旦那は長男で田んぼもあるということで、家を継ぐという気持ちが強かった。」
 
何も分からない状態で小矢部に来て最初の冬。
雪か、雨かの暗い冬。
 
旦那の実家だから遠慮もあるし、住んでみて気づいた使い勝手の不便なところも、夫は実家なので共感してもらえない。
リフォームの話もうやむやに。
「そっか、来てしまったらおしまいなんだ。」と今更ながら気づいたり。
 
関東のカラッとした青空の冬が懐かしくもあった。
 
「でも、子どもと一緒にベビースイミングに通い始めたことで、心が前向きになれました。」
 
第163号 住吉美樹
 
そこからどうしたらいいだろうとせめぎ合いの一年が始まる。
 
旦那は、仕事とプライベートをきっちり分けるタイプで、3歳までは子どもは家でみるべきという考え。
となると、家で専業主婦という選択しかない。
それでいいと思っていた。
そのために富山に来たのだから。
 
いろんな当たり前とたくさんの常識。
 
子育てと家事を繰り返す中で、東京でやり切ったと思っていた仕事が恋しくなっている自分に気づく。 
悶々としている時に、東京から友達が遊びに来てくれた。
それが偶然のご縁を導くことになる。
 
遊びにきてくれた友達と宿泊した氷見の宿で、どぶろくを試飲するイベントが行われていた。
そこでイベントを主催しているメンバーから仕事の依頼をいただき、ママ友だけじゃない友が自然に増えていった。
 
「私って、子どものことだけじゃなく、仕事の話をすることが好きなんだと自覚できたんです。」
 
第163号 住吉美樹
 
「悶々としている自分を誰かが見てくれていて、いろんなヒントを周りにちりばめてくれた感じ。」
「自分から営業に行ったわけではなく、ご縁から仕事を始めることができました。」
 
子どもも3歳になる年でタイミングもよかった。
フリーライターとして新たな生活が始まり、仕事も順調。
もっと広めたいと思っていた時に2人目を授かる。
 
妊娠・出産で仕事は減ったが、
「今は仕事より子どもがかわいい!」
 
1人目の出産が38歳、2人目は42歳。
 
「やっぱり小矢部に来たから二人目を授かったんじゃないかと思います。」
「規則正しい生活と環境。食事も、ほぼ外食をしないし。」
「東京にいた時は刺激もあるし楽しかったけど、身体を酷使していました。」
「そう考えると、移住はよかったなって思います。」
  
第163号 住吉美樹
 
また、フリーランスで働くことで、自分の許容範囲で仕事ができるようになり、心のストレスは特にない。
もちろん、ここで収入の問題がでてきてしまったら、ストレスになるかもしれないけど、今のところ大丈夫。
 
「出産のときも完全育休ではなく、できる範囲の仕事をこなしながらの出産でした。」
「そちらのほうが自分の精神状態はよかったので。」
 
子どもばかりみていたい自分もいるけど、本当にそうなると、違うことを考えてしまう自分がいる。
「結局のところ今の状態に満足できないんです。旦那にはよく❝欲深いね❞と言われます(笑)」

人は複雑だ。
 
「今までの生き方を振り返っても、こうじゃないとだめだと決めないほうだった。」
「ダメなときは、しょうがないんだしと、事実を曲げてまで何とかしようとはしなかった。」
 
「仕事だと、働いている人全員が無理のないような形でスケジュールを組むことが好きでした。」
 
第163号 住吉美樹
 
柔軟に現実を受け止めて、判断する。
決して、こだわりがないということではない。
心地よさのものさしの違い。
 
「私は、人の意見を聞き入れやすいタイプだと思います。」
「自分の考えは限界があるし、そういう考え方でもいいのかなって思えるので。」
 
だからといって、自分の心に嘘をつくことはしない。
誠実に生きている。
 
 
▼住吉美樹
生年月日1975年5月1日
 

 
_____________________________

▼Oyabe Local Mail
地域に埋もれた暗黙知を集め、クロスメディアを通じて発信。
http://oyabelocalmail.blog27.fc2.com/

▼LiTa Oyabe ELABO
未来に向けたシナリオを描くコミュニティスペース。プロボノやマイプロジェクトを推進する情報発信基地。
https://www.facebook.com/ELABO.LiTaOyabe

■ Oyabe Local Mail発行責任者
やましな しげる

■ 連絡先
北陸三県ありがとうプロジェクトを通じて、小矢部で伝説を作り、奇跡を起こす
〒932-0821 小矢部市鷲島37-2 ヤマシナ印刷株式会社
tel.0766-67-627 fax.0766-68-1789
info@yamasina-print.co.jp
http://www.yamasina-print.co.jp/
関連記事

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://oyabelocalmail.blog27.fc2.com/tb.php/6811-c8fb80d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
【PR】 苔を扱う販売サイト ハッピーモス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。