北陸三県 ありがとう プロジェクト Oyabe Local Mail

北陸三県 ありがとう プロジェクト。富山県小矢部市の地域情報の紹介。たくさんのありがとうを紹介。

ありがとう集め 糀ASOBI

ありがとう集め 糀ASOBI

みんなにありがとう
Category :  Oyabe Local Mail
tag : 
小矢部の地元のお店、人にスポットを当てて、紹介するメールマガジン
Oyabe Local Mail 第172号
───────────────
創刊:2009/05/01
 
言葉のはじまり。
 
いや、単語それぞれには発音があり、それらにはコミュニティの中での共通の意味があり、コミュニケーションが成立する。
この一連の流れを考えた時、言葉のはじまりは、何から、何のために、どのように始まったのだろか?
 
動物たちの鳴き声、虫たちの囁き、風、波、自然の中にあふれる音、音色。
それと言葉には、どれほどの違いがあるというのだろうか。
実は、人間が思っている以上に大きな違いはないのかもしれない。
 
そもそも、言葉はなぜ必要なのだろう。
本当に必要なのだろうか。
 
音楽と言葉。
この二つにも、果たして違いなんてあるのだろうか。
 
ピアチェーレ音楽教室の高野さんよりご紹介いただいた池田和佳子さん。
音楽にも関わっていたことはわる。
 
ありがとう集め 池田さん
 
今は、子どもたちの発達を応援するお仕事をされている。
特に、言葉の発達のお手伝いだ。
言葉の発音、成長のどこかのタイミングでつまずくこともある。
そのときに子どもたちの言葉の数をどう増やすか、どうやって相手に伝えるか。
 
成長のスピードは人それぞれ。
どこが伸びていて、どこがお手伝いが必要か…、その人に合わせながら、自分たちに何ができるのかを考えてサポートする。
 
「いろんなお子さんの成長に関わることができ、やりがいがあります。」
 
池田さんには、5人子どもがいる。
いろんな人に助けてもらったり、知恵を貸してもらいながらここまできた。
 
「そういう気持ちの恩返しをする場所があるとしたら、仕事を通して、次のお母さんたちに渡してあげたらいいかなと思っています。」
 
「何かやってあげたいということではなく、お互い様という気持ちで、関わらさせて頂いています。」
 
「物事には進んでいくのにちょうどいいペースがあると思う。」
「無理せずに、そのペースを大切にしていきたい。」
 
あの時ああすれば良かったって、思わないように日々の仕事に取り組んでいる。
無理はしないが、後悔もしない生き方を心掛けている。
 
池田さんは、福島出身。
 
震災のときは、小矢部にいたので申し訳ないという気持ちがあった。
 
「当時、主人が妹と妹の子どもを一般道で福島に迎えにいってくれて、原発が爆発する前に福島から避難できました。」
 
一カ月ぐらい小矢部で住み、子どもたちがもう帰りたいということで、帰っていった。
 
母と娘が震災以降、生き方を見直そう、生きている間に何でもやろうと、福島でお店を始めた。
 
一閑張りといって、古い着物を貼って丈夫にしたかごを作り、フリーマーケットなどでも販売をしている。
池田さんをご紹介いただいた高野さんも、この一閑張りのファンでもある。
 
ありがとう集め 池田さん
 
「今の仕事は好きか嫌いかではなく、たまたま与えられた巡ってきたご縁で、7年前に始めた。」
「ここまで続いているのは好きなんだろうなと思います。」
 
最初にお会いした子どもたちはもう中学生になり、大きくなっている。
 
「地域の子どもたちの成長を応援する仕事をしていること自体が不思議です。」
「もともとこんな生き方をしていなかったので、自分の人生がおもしろいなって客観的に思います。」
 
「器用じゃないのでいろんなことはできません。」
「逆に子どもにいろいろ教えてもらえています。」
「いっしょに遊んでいます。」
 
平均的とは、なんだろうか。
 
「人間ってすごいな。」
 
「いつの間にか、あいうえおが分かったり、コップがコップって分かったり、何気ないことがすごいなって思う。」
「123って数えて、なんでそれが、1個、2個、3個で分かるって何でなんだろうって。」
 
「それをどうやって自分が分かるようになったんやろうって考えていくと、不思議だなって思う。」
 
「こどもに聞いてみたけど、勝手に手に入れていくんですよね。」
「教えたわけじゃないけど。」
 
それが事実のようだ。

▼池田和佳子
1975年12月16日生
 
_____________________________

▼Oyabe Local Mail
地域に埋もれた暗黙知を集め、クロスメディアを通じて発信。
http://oyabelocalmail.blog27.fc2.com/

▼LiTa Oyabe ELABO
未来に向けたシナリオを描くコミュニティスペース。プロボノやマイプロジェクトを推進する情報発信基地。
https://www.facebook.com/ELABO.LiTaOyabe

■ Oyabe Local Mail発行責任者
やましな しげる

■ 連絡先
北陸三県ありがとうプロジェクトを通じて、小矢部で伝説を作り、奇跡を起こす
〒932-0821 小矢部市鷲島37-2 ヤマシナ印刷株式会社
tel.0766-67-627 fax.0766-68-1789
info@yamasina-print.co.jp
http://www.yamasina-print.co.jp/
ありがとう集め 池田さん

すべてのご縁に
ありがとう
Category :  Oyabe Local Mail
tag : 
大谷中学校14歳の挑戦
この記事は14歳の挑戦の一環として大谷中学校の生徒が取材をして記事を書きました。


小矢部の地元のお店、人にスポットを当てて、紹介するメールマガジン
Oyabe Local Mail 第171号
───────────────
創刊:2009/05/01
 
皆との藍染めがオモシロイ
 
14歳の挑戦2日目。
僕達は、魚津市の藍染め屋aiyaの南部歩美さんを取材しました。
 
ありがとう集め 藍染め屋 aiya さま
 
最初に藍染めについて教えてくださいました。
藍染めとは、藍という植物からとった染料と日本酒やアルカリ性の水などを混ぜ合わせてできた染料液を綿に染めることです。
 
また、染めたものは普通の綿とは違い汗をかいても臭くならず、洗濯をあまりしなくてもよいというメリットがあると言うことが分かりました。
 
第171号 藍染め屋 aiya
 
その後、実際に藍染め体験をしました。
初めは、綿にビー玉や輪ゴムで染めないところを絞り、それから作業場へ向かました。
そこには、大きな壺の中に黒い染料液があり、藍染めといえば「青い」というイメージがあったので、とても驚きました。
絞った綿を壺の中につけると、、壺から少し臭い匂いが漂ってきました。
僕達には、苦手な匂いだったけど、南部さんによれば、やっていくうち慣れるのだそうです。
 
第171号 藍染め屋 aiya
 
壺から綿を出すと南部さんが「洗い流したら面白いよ~」とおっしゃり、洗い流して見ると黒から青に変わり、手の色も青くなりました。
輪ゴムをとると綿も綺麗に染まっていて、色が変色するのが面白いと感じました。
これが藍染めの醍醐味かなと思いました。
 
第171号 藍染め屋 aiya
 
体験後、南部さんが「店で食べても面白くない」「ヤギの村で食べよう」と言い、ヤギの村でお昼ご飯を一緒に食べることとなりました。
ヤギの村の景色と田んぼアートがきれいだったので、昼ご飯がとてもおいしく感じられた気がしました。
 
食べ終わった後、南部さんにいくつか質問をしてみました。
 
 
Q 僕(小橋)の大事にしている言葉は、有言実行なのですが、南部さんの大事にしている言葉は何かありますか?
「オモシロイで、自分の本当にやりたいことをしているときに感じるオモシロイです。」
 
Q 藍染め屋を始めたきっかけは何ですか?
「11年前に北海道で体験をしました。7年前にどうやって生活をしていこうと悩んだ末、藍染めをして暮らしていけたらいいなと思ったのがきっかけです。」
 
Q 僕達は部活動で挨拶とチームワークを心掛けているのですが南部さんは仕事で何か心掛けていることはありますか?
「毎日藍の調子を見続けることと、藍をかき混ぜることです。」
 
Q 何のためにこの仕事を続けるのですか?
「藍染めの楽しさやオモシロさを伝え共感してもらうために仕事をしています。」
 
第171号 藍染め屋 aiya
 
Q 藍染めで稼いだお金は何に使いますか?
「もちろん自分のために使いたいけど、家族や仕事で関わった人のために使うことが多いかな。」
 
Q 僕(中山)は、人を助ける仕事に就きたいと持っているのですが、今どのような時間を過ごせば良いですか?
「今、自分のやりたいことをやる、ということか大切かな。」
 
 
僕は、質問をして、自分の好きなことややっていて楽しいことを伝え共感してもらうことは大切なことなんだなと気づきました。
 
また、取材の中で南部さんから「オモシロイ」という言葉が多く出て、それは、南部さんにとっての大切な言葉なので、働くといううえで、自分が大切にする言葉というのは大きい存在なんだなと思いました。
今回でたくさんのことに気づきました。
 
第171号 藍染め屋 aiya
 
南部さん今回は、本当にありがとうございました。
 
 
_____________________________

▼Oyabe Local Mail
地域に埋もれた暗黙知を集め、クロスメディアを通じて発信。
http://oyabelocalmail.blog27.fc2.com/

▼LiTa Oyabe ELABO
未来に向けたシナリオを描くコミュニティスペース。プロボノやマイプロジェクトを推進する情報発信基地。
https://www.facebook.com/ELABO.LiTaOyabe

■ Oyabe Local Mail発行責任者
やましな しげる

■ 連絡先
北陸三県ありがとうプロジェクトを通じて、小矢部で伝説を作り、奇跡を起こす
〒932-0821 小矢部市鷲島37-2 ヤマシナ印刷株式会社
tel.0766-67-627 fax.0766-68-1789
info@yamasina-print.co.jp
http://www.yamasina-print.co.jp/
ありがとう集め 藍染め屋 aiya さま

藍染め屋 aiya さま

全ての出逢いに
ありがとう
第170 A/Z LIFE

ありがとう
Category :  Oyabe Local Mail
tag : 
大谷中学校14歳の挑戦
この記事は14歳の挑戦の一環として大谷中学校の生徒が取材をして記事を書きました。


小矢部の地元のお店、人にスポットを当てて、紹介するメールマガジン
Oyabe Local Mail 第170号
───────────────
創刊:2009/05/01
 
健康な体のために
 
14歳の挑戦1日目。
僕達は井波にある井波社会体育館でスポーツトレーナーのわだ綾さんに取材に行ってきました。
 
第170 A/Z LIFE
 
大体育室でお話を聞かせていただくことになり、最初はとても緊張しましたが、質問を繰り返していくうちにだんだんと慣れてきました。
 
スポーツトレーナーとは、全年齢が健康になるために食事の指導や体の内側、外側、心を作る仕事です。(わださんの場合はバランスボールを使います。)
スポーツトレーナーになるには、筋トレインストラクターの資格が必要です。
筋トレの効率的なトレーニング方法などの基本的な知識を認められると資格を取ることができます。
 
わださんにいくつか質問をしてみました。
 
Q 働いていてどのようなことを思いますか?
「働くことで生きているという実感がわきます。」
 
Q 僕達は、サッカー部とホッケー部なのですが、わださんは中学生の頃は何部でしたか?
「中学生の頃は、ソフトボール部でした。」
 
Q スポーツトレーナーになったきっかけは何ですか?
「もともと洋服屋で働いていて28歳から筋トレをしていたら、プロトレーナーに誘われたからです。」
 
Q 何のためにこの仕事を続けるのですか?
「大事にしたい人、世界中の人たちに出会うために働いています。」
 
Q 稼いだお金は何のために使うのですか?
「稼いだお金は子供たちのためや、仕事にかかわる人たちのために使います。」
 
Q 中学生のうちにしておいたらよいことはなんですか?
「友達とどこかへ行くことです。」
 
 
質問のあと、僕達はわださんと一緒にバランスボールで体幹トレーニングをしました。
 
第170 A/Z LIFE
 
人間を支えている大切な背骨のトレーニングをしているときにわださんが「人間の背骨は、体育館でいう柱だからしっかりトレーニングをしていないとつぶれちゃうよ」とおっしゃっていました。
僕達はその言葉からわださんが背骨の大切さを重視していると分かりました。
 
また、バランスボールのトレーニングでは両足でバランスボールを挟む際に膝が曲がっていました。
すると、わださんが「挟むときに膝が曲がると腰が固いということだよ」と教えてくれました。
自分の腰はそんなに硬かったんだと初めて知り驚きました。
 
第170 A/Z LIFE
 
ほかにも、僕達がトレーニングできついきついと頑張って耐えていると、わださんは本当にうれしそうな顔で笑っていました。
これがわださんの生きがいなんだなと実感しました。
 
今回で僕達の体幹がとても弱いことがわかりました。
僕達は運動部は特に体幹を強くしないといけないので、わださんに習ったトレーニングをこれからの生活で活かしたいと思います。
 
今後は、わださんがおっしゃっていた友達とどこかへ行くことを実行していこうと思います。
もちろん、わださんからの意見を参考にしたのが大きいけれど、そうすれば、行った先で新しい職業に触れ、「おもしろいな」「やってみて感動したな」などと感じ、今なりたかったこととは違うことが見つけられるかもしれないと思ったからです。
 
第170 A/Z LIFE
 
わださんのおかげで僕達の夢が具体的になりました。
中学生のうちにやっておいたほうが良いことが明確になったり、スポーツトレーナーの良さも伝わってきたりして、僕達の夢の参考となりました。
今回は本当にありがとうございました。
 
 
_____________________________

▼Oyabe Local Mail
地域に埋もれた暗黙知を集め、クロスメディアを通じて発信。
http://oyabelocalmail.blog27.fc2.com/

▼LiTa Oyabe ELABO
未来に向けたシナリオを描くコミュニティスペース。プロボノやマイプロジェクトを推進する情報発信基地。
https://www.facebook.com/ELABO.LiTaOyabe

■ Oyabe Local Mail発行責任者
やましな しげる

■ 連絡先
北陸三県ありがとうプロジェクトを通じて、小矢部で伝説を作り、奇跡を起こす
〒932-0821 小矢部市鷲島37-2 ヤマシナ印刷株式会社
tel.0766-67-627 fax.0766-68-1789
info@yamasina-print.co.jp
http://www.yamasina-print.co.jp/
Category :  ありがとう集め 山王市2018
tag : 
ありがとう集め 山王市

生かされている事に
ありがとう
感謝
合掌
Category :  ありがとう集め 山王市2018
tag : 
ありがとう集め 山王市

ばあちゃんへ
いつも忘れ物がないか声かけてくれて
ありがとう
Category :  ありがとう集め 山王市2018
tag : 
ありがとう集め 山王市

ありがとう
ありがとう集め 山王市

地球 自然 人 家
すべてのものへ
ありがとう
Category :  ありがとう集め 山王市2018
tag : 
ありがとう集め 山王市

ありがとう
Category :  ありがとう集め 山王市2018
tag : 
ありがとう集め 山王市

出会えたことに
ありがとう
Category :  Oyabe Local Mail
tag : 
小矢部の地元のお店、人にスポットを当てて、紹介するメールマガジン
Oyabe Local Mail 第169号
───────────────
創刊:2009/05/01
 
小矢部市地域おこし協力隊の元井くんのインタビュー記事。
今回は、元井くんが話しているような雰囲気を残した記事の内容とした。
 
小矢部の地域おこし協力隊の元井康平です。
活動のミッションは、5月にオープンした石動駅前商工会ビル「めるびる」の管理・運営の補助、企画PR等々。
 
ありがとう集め 小矢部市地域おこし協力隊
 
なぜ小矢部に移住したかというと、自分が生まれた町なのに、愛知で育ち、帰省先としてしか関わってなかった自分に違和感を感じ始めたから。
 
もうひとつ、お金を頂ける様々な舞台芸術には関わって来たが、お金を稼ぎ続ける・持続可能な収入を生み出し続ける知恵と意識の蓄積は足りないことに気づいた。
 
舞台も出たい、ダンスもしたい、企画も考えたい。
そこで知恵を作る時間を得るため移住を選択した。
移住が先で、それから仕事を決めた。
 
協力隊としての1年目、事務作業や管理能力が圧倒的にスキルがないことに気づいた。
県内全体でネットワークを作って小矢部に人を呼び込まないといけないと思った。
そこで、どんどん市外の企画に顔出すようになった。
 
1年目は手探り、2年目は気づきと違和感、3年目は、希望。
 
小矢部市地域おこし協力隊
 
めるびるに関わるようになり、初めてこの町もおもしろいことできるし、やりたかったこと、やってきたことを一緒にやろうという人がいることに気付けた。
偶然の中で得られる出会いを価値だと思えるようになった。
 
小矢部に来る前から、「PRと役者」、「地域愛と表現」という視点は常に持っていた。
 
自分たちが事例を作れば後が動きやすいかなとか、これぶっ壊しておいたら後の人が楽かなと、イノベーションを起こしたくなる性質です。
 
めるびるについては、任期が終わりぼくが離れた後でも、ここに思い入れをもって活用してくれる人が増えることを考えている。
 
小矢部市地域おこし協力隊
 
芸術で食うって難しいが、世の中にアピールする可能性はなくしたくない。
役者だけでなく、どういったカタチになるかは分からないけど、複数の業「複業」を持って、舞台もダンスもやるし、クリエイティブな企画や地域に光をもたらすなにかを起こし続けることは心に決めている。
 
自分の気がかりは、『両親に芸術が社会にとって必要』だという価値を感じてもらえていないこと。
 
分からない人には分からないでもいいんだけど、両親も自分も納得できるような生き方や言葉や伝え方を持ってないのはよくないと思っている。
 
小矢部市地域おこし協力隊
 
今自分が考える演劇の価値の一つは、多様性。
 
演劇って、教育活動で使えるものだと思っている。
演劇教育があれば、誰かの気持ちになって考えるための知恵をしぼったり、誰かのように人に伝えるにはどうしたらいいか悩んだりと、誰にでもなれる場所。
演出家は、人を導くためのスキルがないといい作品が作れない。
役者の背中を押して、役者が舞台の上でどう見えてどう伝えるかを考える、そういう人が育つ現場でもある。
 
また、演劇って意外に敷居が高いものでもなくて、ハードルが低いもの高いものもあるが、コミュニケーションのノウハウとして音楽や図工や体育のように、多くの人に触れてほしい分野。
 
演劇は、誰でもはじめられる。
台詞がなくても歩けばそれで役者のひとりになるという演出もある。
 
この演劇にお金が流れることをしてみたい。
 
小矢部市地域おこし協力隊
 
身近な人に「役者は、いい家の出で、お金があってネットワークがあって、そういう環境じゃないとなれないよ。」
 
そんな言葉を聞かされたことがある。
 
夢を持てないような環境。
身近な人に理解されないことをやっているさみしさ。
 
それでも、めるびるを通してぼくの周りにいてくれる人へ正直に頼ったり、考えることで、できるかもしれないと思えるようになった。
 
小矢部市地域おこし協力隊
 
 
協力隊をすることで一番よかったのは、両親がどんな環境で育ったのかを理解できたこと。
 
人生の中で、いつか家族と向き合う日はやってくる。
移住したことで、それをいつかではなく、時間を早めることができた。
 
 
▼元井康平
1987年3月4日生
「小矢部おもしろいじゃん。悪い町じゃない。」
そんな感じで、自分たちの町のことを謙遜せず語ることができればいい。

 
_____________________________

▼Oyabe Local Mail
地域に埋もれた暗黙知を集め、クロスメディアを通じて発信。
http://oyabelocalmail.blog27.fc2.com/

▼LiTa Oyabe ELABO
未来に向けたシナリオを描くコミュニティスペース。プロボノやマイプロジェクトを推進する情報発信基地。
https://www.facebook.com/ELABO.LiTaOyabe

■ Oyabe Local Mail発行責任者
やましな しげる

■ 連絡先
北陸三県ありがとうプロジェクトを通じて、小矢部で伝説を作り、奇跡を起こす
〒932-0821 小矢部市鷲島37-2 ヤマシナ印刷株式会社
tel.0766-67-627 fax.0766-68-1789
info@yamasina-print.co.jp
http://www.yamasina-print.co.jp/
ありがとう集め 小矢部市地域おこし協力隊

ありがとう

【PR】 苔を扱う販売サイト ハッピーモス